事務局スタッフ紹介

スタッフ

望月友貴


大学4年生。大学では土木系の学科で勉強中。「鯖サンドの輪郭の照らし方」の基となった「プレイスdeしゃべり亭」の発起人であり、熊谷市内で毎月第2土曜日開催の「星川夜市」実行委員会のメンバーでもある。KUMAGAYA LIFEd design travel Workshop KUMAGAYA号のライター。

安藤理布


大学4年生。大学では法律と国際政治について勉強中。趣味は、カフェ巡り。コーヒーと人の笑顔と、あたたかい空間の流れるカフェでゆっくり過ごす瞬間が好き。RitoUのりの方として活動中。

山藤優花


大学4年生。大学では国際系の学部で勉強中。好きなものはコーヒーと歌。興味のあることは社会のダイバーシティとSDGs。最近ゼロウェイスト生活を意識し始めた。RitoUのゆうの方として活動中。

momo.


大学4年生。教育学部で勉強中。いつか開いたときに「面白い!」と思える、思ってもらえるそんな鯖サンドになれるよう中身を探して詰めていきたい。


磯部友花

大学3年生。

協力

オオカワ ハルナ


伊豆の国から熊谷。にわかラグビーファン。わりとなんでもやります。住んでいる街をいかに楽しめるか?で生きています。星川夜市の中の人。

オリカワ カナミ


福祉の仕事をしながら羽生市の『すてき』を見つけ、広めるお手伝いをしている彩北ガール。アイラブ彩北。にわかナチュラリスト。 好きなものはコーヒー、写真、自然、アナログなもの…などなど。 すてきな女性になりたくて自分を模索する日々。

MOTHER SHIP


株式会社 煽瓢堂が主宰するプロジェクト。